DentNet 活用事例のご紹介

紙のアポ帳より、「全然いい!」その理由は?

レミントン歯科

高橋周一先生

レミントン歯科 院長
高橋 周一 先生


http://remington-shika.jp/
私はこうやってDentNetを使っています
  • ◆DentNet 検討のきっかけ、導入目的は何ですか?
    検討のきっかけは「手書きのアポイント管理」でミスが続いたことです。
    失敗を繰り返さないように努めてはいても、日々の忙しい業務の中で「記録忘れ」「記入の間違い」は、どうしても「0」にはなりませんでした。
    より正確に早くアポイントにおける問題点を解決する必要があったので、受付担当スタッフに実際にみてもらって、導入を検討しました。

    ◆ DentNet 導入後に変わった点、便利になった点は?
    最も楽になったのは、言うまでもなく受付スタッフの業務です。
    DentNet を使いこなすのはあくまでも人間ですから、100%なくなるということはありませんが、導入前に比べるとミスが激減しました。
    導入直後は不慣れなため、戸惑うこともありましたが、今では、諸々の機能も使いこなせるようになり必要不可欠なシステムになっています。

    ◆ どのような医院様にDentNet 導入が有効だと思いますか?
    予防歯科診療の体制作りとして、衛生士の担当する診療ユニットが必要です。各ユニット毎、各診療担当ごとにも明確に管理が出来ます。
    大切な時間をしっかりコントロールしたい先生にはぜひお勧めです。

スタッフ様の声
  • ・ 当院は担当制でDr.DH の人数が多く、休日もまちまちの為、手書きのアポイト帳だとミスが多く困っていました。DentNet は、担当、休日、時間帯の調整も可能な為、とても管理しやすく助かっています。
    また、ノートをめくらずに、3ヶ月〜1 年先のアポイントがとれるのも助かっています。
    患者様へのメール配信、キャンセル待ち等のおかげで無断キャンセルが減り、キャンセル時の対応作業も楽になりました。担当医、診療内容別の統計を出すこともでき、役立てています。
  • ・ 担当者の色分けが見やすくわかりやすい。手書きに比べ、変更もラクで、手間もミスも減りました。

■医院規模成功事例


■DentNetを活用事例のご紹介

CREATIVE NEW GENERATION 株式会社 ジェニシス 予約から『お約束』へ『患者さん』から『お客さま』へ DentNet デントネット