DentNet 活用事例のご紹介

チェアサイドのMacを有効利用!〜「チェアサイドで“お約束”」〜

ののいち歯科クリニック

瀬尾 尚弘先生

ののいち歯科クリニック 院長
瀬尾 尚弘 先生


http://www.nonoden.jp/
私はこうやってDentNetを使っています
  • 以前、予防セミナーに参加した時に予約システム活用の話を聞きました。

    セミナーでは、メンテ患者さんの情報管理や数か月先の予約を紙で管理するのが難しい点と、担当衛生士が自分で診療スケジュールを決めていくという点に納得するところがあり、当院でも取り入れることにしました。

    当院では衛生士の担当制をとっているため「チェア」と「人」の稼働整理が受付では難しかったことと、衛生士とのコミュニケーションを深める意味で「チェアサイド予約」を実施しています。

    「今日の内容について」、「次回の内容について」という話の流れの中で、次回のお約束をすることで予約の重みが断然変わります。

    特に、メンテ患者さんの場合には、その方の生活背景までを含めた、きめの細かい対応ができるので、担当衛生士と患者さんの相互理解がうまれ、来院モチベーションアップやキャンセル防止のみでなく、いろいろな面でメリットが生まれています。

    チェアサイドのMac(デンタル])をそのまま利用できる点も、DentNet を選んだ理由のひとつです。

スタッフ様の声
  • ・ 患者情報さえしっかり入力しておけば、実績管理表でもキャンセル率、新患情報、定期診察等がすぐに見られて大変便利です。
  • ・ ○曜日の○時しか来院できないという方が多く、そういった方の予約を取るのが難しかったのですが、DentNet になり、解消されました。
  • ・ 簡易画面の状態で、患者さんと一緒に予約の空き状態を確認しています。気に入っているところは、一度にたくさんの情報が見られる(空き状態など)事。一緒にモニターを見ても、他の患者さんの名前や処置内容を見せずに予約が取れるので、安心して予約を取れるところです。
  • ・ 予約の空き状態が分かりやすく使いやすいです。
    患者さんのキャンセル率が出るため、キャンセルが出ないように前もって連絡できるので活用しています。

■医院規模成功事例


■DentNetを活用事例のご紹介

CREATIVE NEW GENERATION 株式会社 ジェニシス 予約から『お約束』へ『患者さん』から『お客さま』へ DentNet デントネット