aaaa

定期的な検診に結びつける方法
◆定期的な検診を受けたいという人は増えています

ハガキによるリコール率は、おそらく20〜30%程度ではないでしょうか?
しかも、担当の衛生士がコメントを入れたり、月ごとのハガキ管理をしたりなど、けっこう手間もかかりますね。

健康意識のアンケートによると「定期的な健診やチェックを受けたい」という人は毎年増加しています。



ハガキが来たときに、「行かなきゃなぁ。行ったほうがいいよなぁ。」と思うのですが、電話をして予約をするのが面倒で、ついつい後回しになって、半年1回ではなく1年に1回になってしまうということ。



リコール率を80%にする方法

カンタンすぎて拍子ぬけしないでください。
リコール率を80%にする方法とは、実は「仮予約をとって帰ってもらうこと」なんです。
これはコロンブスの卵です。患者様は「そんな先の予定はわからないよ」と言いつつ、自分で決めた予約にはきちんと来院してくれる場合のほうが多いのです。

「予約確認の連絡をする」という前提つきで、仮予約をお勧めする

仮予約を取る方法

ここで重要なポイントは、必ず「予約確認の連絡をする」という前提つきで、仮予約をお勧めすることです。受付ではこのようにお勧めしてください。



「○○さん、また3か月後にお口の状態を見せていただきたいのですが、仮という形でだいたいの日にちを決めておきましょうね。その日の1週間前にご連絡(メールまたは電話)が届きますから、もし都合が悪かったら電話でお取り直しをしてください。」



このようにお勧めすることで、多くの人は予約をとっていかれます。そしてリコール率がグッと上がり経営も安定してきます。

徹底して「予約日のお知らせ」をする“きめ細かさ”が重要

仮予約を取る方法

予約をとった患者様には、徹底して「予約日のお知らせ」をすることが大切です。これがあって初めて3ヶ月先や6か月先の予約を取る気になるからです。

ここで活躍するのがDentNetの「予約確認連絡」です。アポの1週間前にメールや電話で連絡をしてくれるのです。忘れていても自動で連絡をしてくれますし、ハガキ管理など面倒な業務も減少します。さらに、DentNetなら…

  • お一人お一人の希望時間にメール(電話)が送れる。
  • 患者様ご自身で、メールアドレスとメール希望時間を登録できる。
  • 「7日前」と「1日前」など、複数回送信できる。
 

といったきめの細かい設定があるので、仮予約がお勧めしやすくなるのです。

千葉県船橋市椎名先生

スタッフのアポに対する時間管理能力が飛躍的に向上

宮城県 デンタルクリニック齋藤 齋藤嘉宏先生

DentNet導入にあたって、初めに期待したことは、リコール率アップでした。その結果、4月のリコール率は、92%を達成しました(恐るべしDentNetです)。

予想外だったのは、スタッフのアポイントに対する時間管理能力が飛躍的に向上したことです。情報の共有化の威力は、物凄いものがあります。24時間患者様と医院のために最高の働きをしてくれる最強のスタッフです。

リコール率アップに活用している先生方の声をもっと見る

CREATIVE NEW GENERATION 株式会社 ジェニシス 予約から『お約束』へ『患者さん』から『お客さま』へ DentNet デントネット