DentNet の誕生 と 社長の想い

代表取締役社長 坂口 聡隆の写真

代表取締役社長 坂口 聡隆(トシタカ:旧名 敏雄)/ 技術士

昭和44年3月 : 大阪府立大学工学部電子工学(修士)卒
昭和44年4月 : 日本電信電話公社に入社。研究所にて超大型コンピュータの研究・開発に従事
昭和51年10月 : 郵便貯金システム開発のためデータ通信本部(現NTTデータ通信)に異動
昭和55年3月 : NTT横須賀研究所にて、マルチメディアデータ通信システムの研究に従事
昭和63年2月 : 副理事
平成5年12月 : 独立、株式会社ジェニシス設立。現在に至る

はじめての方へ

私はDentNetを開発販売している会社、株式会社ジェニシスの社長の坂口です。

DentNetのホームページを訪れていただきまして有難うございます。 株式会社ジェニシスは、平成5年12月に私が創業・設立した会社です。

私は、創業前は、NTTに在籍し、超大型コンピュータの研究開発に従事し、郵便局為替貯金システムの開発、フリーダイヤルシステム等、多くのシステムの開発に従事しました。
NTT本体の副理事の辞令も頂き、仕事に情熱を燃やしてやってきました。
NTT退職後も、ご縁を頂、仕事の大半はNTT関係の仕事です。
このような会社が、どのような訳で、DentNetの開発に結びついたかについて、下に述べさせて頂きます。

創業から数年後に、社員達から、「社長、いつまでも下請けでは面白くない。小さくても良いから、自分たちで商品を開発し、自分たちの意思で、値段も決められ、売り方も決められる、そんな会社になりたい」と言うことを告げられたのがきっかけです。

私の方も社員の将来のことを考えて、仕事の裾野を広げておくことが必要と考えていたので、お金を貯めて、自社商品の開発・販売にチャレンジしたいと考え、準備を始めました。 6年ほどでお金もたまり、会社にも多少の余裕が出てきたので、商品開発・販売について具体的に動き始めました。

しかしながら、これと言うのがなかなか見つからず苦慮しているときに、ひとつの出来事に出会ったのが、DentNet開発に結びついたのです。

『DentNet』という歯科医院向けの予約管理システムを開発したきっかけは、私自身が一患者として“あること”を感じたことにあります。

以前、会社の近くにある歯科医院へ通っており、忙しさのせいか、ついつい予約していることを忘れてしまうことが多々ありました。 そのため、歯科医院に事前連絡をお願いしたのですが、そこで断られてしまったんです。

自分の欲しいサービスが現在の歯科医院にないのであれば、自分で作って、それを普及させることで
患者さんがもっと歯科医院に通いやすくなるのではないか?
という想いから、『DentNet』という予約管理システムを作りました。

開発初期の段階で、ケア(予防)中心の歯科医院経営を実践している大阪(寝屋川市開業)の坂井先生と出会い、先生の指導を受けてDentNetを開発いたしました。また、先生が所属する勉強会に参加されている他の先生方にヒアリングする機会をいただき、様々な要望を機能として組み入れました。
こうして、一患者の歯科に対する想いと、“歯科医療をもっと国民の身近なものにしたい”という先生方の想いが重なることで、『DentNet』という予約管理システムが誕生しました。

DentNetは後発ということでもありますので、開発に当たっては「日本一」を合い言葉に開発を進めてまいりました。日本で二番目、三番目のものを作って、先生に見て下さい、買って下さいとは言えません。
そのような訳で「日本一」にこだわってきました。それは『DentNet』と言う商品だけではなく、DentNetの営業・導入・サポートに携わる人間の仕事の質の向上においてもこだわってきました。商品も人材も「業界No.1を目指す」が我社のコダワリの合言葉です。
そして、先生がDentNetを導入して3ヶ月経っても満足しなければ全額お金を返すという「全額返金保証制度」も我社のプライドです(勿論、そんなことがないように、事前にDentNetの導入目的等をしっかりヒヤリングをさせて頂いております)。
私の最大の願いは、DentNetを導入して頂いたお客様から新しいお客様を紹介して頂き、紹介だけでDentNetが日本全国に普及することです。
紹介だけで、DentNetが販売できる状況になったとき、DentNetという商品も、それを販売・導入・サポートする社員の質もトップクラスに育ったということです。この様な状況が実現できることは経営者として最高の喜びです。
このような状況になることを目指して、これからも日々、精進いたします。

開発開始2002年6月から丸10年、毎週月曜午前中は営業担当と開発担当のミーティングを持って、ユーザー様の要望を取り入れ進化させてまいりました。このエネルギー(時間、稼働、費用)は半端なものではありません。現在においても、ユーザー要望を反映すべく開発に取組んでおります。また、2010年4月には、システムの信頼性・安全性を増す為に東洋一の信頼できるデータベースセンターへ当システムを移設しました。

販売当初は、販売が思うように行かず、正直苦労しました。
しかし、既に導入された先生方からは、「DentNetはとても役立っており、なくてはならない商品です。絶対に売れますよ。」との力強い言葉とご支援をいただいておりましたので、これを支えに地道にDentNetの価値を伝えてまいりました。お陰様で現在沖縄から北海道まで全国550医院以上の志の高い歯科医院様に導入させていただいております。

これからもDentNetを進化させ、真に患者様、医院様に喜んで頂けるよう努力する所存です。
『DentNet』を通じて、歯科の“予防医療”を広く普及させたい。患者様への利便の提供と、患者様の歯の健康の向上、そして医院様に繁栄していただきたいとの想いを持って活動しています。


株式会社 ジェニシス 代表取締役社長 坂口 聡隆

歯科経営とIT化

  • 予防歯科・定期健診を行う医院様に DentNetが 必要な理由
  • DentNetを入れてどれだけ効果があるの? DentNet 導入費用対効果
  • DentNetはここが違う!! DentNetにしかない 他システムとの違い
CREATIVE NEW GENERATION 株式会社 ジェニシス 予約から『お約束』へ『患者さん』から『お客さま』へ DentNet デントネット