医療法人社団 新百合山手ファースト歯科様

今回ご紹介するのは、川崎市麻生区の 新百合山手ファースト歯科様 です。

1.DentNetを検討されたきっかけは何でしたか?

初診の患者様が来院し、その後の診療経過を探っていくことは、安定した医院運営において重要な視点であると考えています。その中で、1人の患者様がどういう治療を受けているのかを知るためには、ノートのアポ帳やレセコンでは追いづらいことがネックでした。DentNetの導入で実感しているのは、患者様ごとに処置内容やメモ書きなどが記録され続けていくため、主訴の解決で留まることなく、患者様の口腔環境をずっと見守りやすくなったことです。主訴の解決という”点”から、口腔環境を見守り続けるという”線”へ。そして、その線がもっともっと太い線になるよう、日々の診療と向き合っていきたいと思います。僕は「僕の手が動かなくなるまで、患者様への治療を続けていきたい」と思っているので、DentNetはそれをサポートしてくれるシステムであると考えています。

表_パソコン

2.DentNet導入して変わったことは何ですか?

DentNetを導入したことを機に、スタッフ全員へiPadをプレゼントしました。それによりiPadでDentNetを確認しながらミーティングを行うのが恒例となっています。全員が同じ情報を確認しながらミーティングができるので、ミーティングの進行がスムーズになったことはもちろん「この患者様は診療後にコンサルしましょう」とか「CT説明をしっかり行いましょう」など、院内全体で患者様を迎え入れる準備ができるのが嬉しいです。これにより患者様へのコンサルテーションの質を高めていくことが可能になったと感じています。

裏_スタッフ

3.DentNetはどの様な医院様にオススメだと思いますか?

先ほど、スタッフにiPadをプレゼントしたと話しましたが、出勤前に全員がDentNetを確認し、今日一日の診療イメージを掴んでから作業をするようになりました。自発的に行ってくれているので、みんなのモチベーションが上がっている気がするのも嬉しいですね。DentNetの導入をオススメしたいと思う医院様としては、医院を大きくしたいと思っている先生は今すぐに入れたほうが良いと思います。なぜなら、医院の規模が大きくなってからだと新しいシステムを導入するという行為そのものが大変になると感じるからです。また、判断軸の一つとしてはCTを買うよりも早くDentNetを入れた方が良いと思います。CTを上手く活用するためには、自費率を高める必要があり、そのためには、患者様へのコンサルテーションがしっかりと行える院内環境を整備することが近道だと考えるためです。DentNetを導入してからあまり日が経っていませんが、もっと早くDentNetを入れておけば良かったなと思っています。

4.Clinic Data

医療法人社団 新百合山手ファースト歯科 http://s-firstdental.com
〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺3-1-1 ハイアカラ1F

裏_外観