歯科医院のアイデアは世界から

歯科治療以外の雑務を皆さんはどのようにこなしていますか?

こんにちは、株式会社ジェニシス 田所です。

例えば、医院のマスコットキャラクターを作成したいとか、新しい医院のネーミングを考えたいとか、学会用の資料の英訳をしたいとか、できないことはないけれど、いざやるとなると、時間が取れなかったり、外に出すにも面倒だったり、信用できるか不安だったり、そういった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?こうしたことは、何も歯科医院様だけの悩みではなく、多くの企業や個人事業主の皆さんが悩んでいることです。こうしたお悩みを解決するビジネスが世の中には存在します。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、「クラウドソーシング」というサービスです。

1.クラウドソーシングとは?

不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。クラウドソーシングは群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、特定の人々に作業を委託するアウトソーシングと対比される。 クラウドソーシングは狭義では不特定多数の人に業務を委託するという新しい雇用形態を指す。広義では、必ずしも雇用関係を必要とせず、不特定多数の人間により共同で進められるプロジェクト全般を指す場合もあり、その場合オープンストリートマップ(OSM)やreCAPTCHAなどが代表例として挙げられる。

出典:ウィキペディア

もう少し噛み砕いて言いますと、「インターネットで個人に仕事を発注する仕組み」ということになります。個人に直接仕事を発注すると聞くと「大丈夫か?」と思われるかもしれませんが、ある仕事をインターネット上に依頼すると、その仕事なら自信があるという「腕じまん」が何人も名乗りを上げ、依頼者はコンペ形式で一番良いものを選択し、作成した方に報酬を渡すというものなので、変なものをつかまされるということは基本的にはありません。事実、良品計画(無印良品)、Microsoft、スターバックス、P&Gといった大手企業も商品開発や改良のためにこのサービスを利用していますし、更には、NASAやGEといった組織が研究開発を委託したりもしています。実際歯科医院の方でも利用されている方はいらっしゃるようです。

2.具体的なサービスは?

日本でクラウドソーシングといって有名なところでは、2つのサイトがあります。

ランサーズ http://www.lancers.jp/
クラウドワークス http://crowdworks.jp/

両者の間で細かい違いはありますが、基本的には、上記クラウドソーシングの説明にあるようなサービスを両者とも提供しています。

3.まとめ

いかがだったでしょうか?ITの世界は目覚しい発展を遂げています。日常の雑用から自分には解決困難と思われていた難問まで世界の人々の力を借りれば解決できるということです。また、これは、「世界の人々が共に協力し、それを地域に還元する」という21世紀の新しいワークスタイルの象徴かと思います。歯科医院は地域に密接な医療行為(サービス)を提供していますが、課題を世界と共有することで、また違ったサービスを患者さんに提供できるかもしれません。最初はとっつきにくいかもしれませんが、ITの世界を少しのぞいてみれば、皆さんが探している「何か」を見つけられるかもしれませんね。